情熱で飯は食える

俺達は繋がるべくして繋がった。そんな出会いのために10年くらい書いてます。

小学生を対象とした学習塾を作ります。

昨年12月に、チャレンジャーズシティのFacebookページでこんなアンケートを実施しました。

2019年からは全く新しい仕事にチャレンジしようと思っています!そこで、『こんなことをやってほしい』または『地域、社会にこんなモノができれば素晴らしい』というモノがありましたら、以下のフォームからお教えてください。

今回は投稿をシェアをしてくれた方もいたと言うこともあり、思っていた以上の数の要望が集まりました。ありがとうございます!その中でも、特に多かったモノが以下の三つです。

・前の様な遊びの企画を復活させてほしい
・子供と一緒に参加できる企画をやってほしい
・子供の勉強をサポートしてほしい

早速動き出していこうと思うのですが、実は三つ目の『勉強のサポート』に関しては、昨年からすでに小・中学生を対象に活動をスタートしていました。今年は学習塾としてこの活動を広げて行く事を考えています。対象は小学生です。

『学習塾』と言っても、単に勉強を教えるだけの塾であれば、世に新しく出現する意味はないので、人気になるかどうかは脇に置いておいて、僕が『重要科目』と考えている科目を集中して強化して行くスタイルで塾を作っていきたいと思います。

f:id:ryotadohi:20190120200055j:plain

(CCFでの写真)


良い大学に入るために勉強?

学歴社会の崩壊と言われ始め、すでに長い時間が経ちますが、最近でも町の学習塾の前なんかを通ると、『〜大学合格!』と書かれた建物の中で沢山の子供達がひしめき合うように勉強しているのをよく見かけます。

先ほど『塾を作りたい』なんて言たものの、僕は将来良い大学に入るためだけに一生懸命塾通いをするなんて、実は『貴重な幼少期をドブに捨てる行為だ』くらいに思っています。高校3年から短期決戦で受験対策をするならまだしも、小さい頃から『良い大学に入るために!』と塾通いでオール4、5以上を維持しようなんて、得られるリターンに対して費やす時間とお金がちょっと大きすぎやしないでしょうか。

勉強が大切なことは間違いありません。でもそれはテストで100点を取る事や、良い大学に入るためではなく、社会をたくましく生き抜くための準備として必要なものです。

特に、一生の間に何度もキャリア変更していく今みたいな時代において、もはや学歴なんてなんのハンデにもならない。それは、もう未来の世代でなく僕らの世代ですらそうですよね。

いまの子供達はこのさらに先の時代を生きるのに、貴重な幼少時代を受験対策(成績アップ)ばかりに費やすのは、現代の兵士が竹槍の訓練をやっている様なもの。そんな事をしている暇があるのなら、『自分の意思で新しいことに挑戦した経験』を一つでも多く積み重ねろ!!と言いたい。
そっちの方がはるかに将来に生きる経験になるから。


●義務教育で与えられる科目の中で、僕が重要視している科目は1つ


先ほど述べた様に、僕は良い学歴を作るためだけのお勉強を批判していますが、務教育の場で提供されている勉強科目には、社会でたくましく生きてために欠かせないのも数多くあると思っています。中でも『こればかりは絶対に欠かすことができない』と最重要科目として位置付けているのが、

国語です。

f:id:ryotadohi:20190117221339j:plain
(国語)


正確に言うと、国語の読解になります。話を読み(または聞き)、意味を理解し、問いに対する回答を述べる。この力は学校の授業や教科書、友人との会話など、外部の情報を扱う上で、全ての土台となる能力です。


●国語の読解は全ての土台

読解力が十分なレベルに達していなければ、例えば本を読んでも、先生の授業を聞いても、『面白かった』『つまらなかった』と言った程度の感想しか残らず、重要な情報を正しく拾うことができません。

そうなれば、当然『学ぶ』という全てのシーンにおいて、『効率低下』というペナルティを背負うことになります。

しかも、現代は小学校高学年以上になれば自分でどんどん情報を調べて学んで行く時代です。読解力の高い人と低い人では、本当に同じ地域で育ったのか?と思うほどに大きな差が開く。

f:id:ryotadohi:20190117221458j:plain

●全ての勉強法に通ずる

小学生のうちに、この国語力(主に読解)をしっかり強化しておけば、

教科書を読む、
先生の授業を聞く、
ネットで調べる、
動画で学ぶ、

いかなる方法で勉強したとしても、効率良く知識を習得することができます。たとえ、大人になってから特定の分野で『勉強不足』が発見されたとしても
、短時間の学習期間ですぐに知識の強化を行うことができる。

国語の読解は、何かを学ぼうとする際、その勉強の効率を司るの全ての勉強の土台です。だから、科目としてあまり派手さのない教科であるのはわかっていますが、小学生の勉強を考えるのならまずは国語、国語にしっかりと取り組んでほしい。

f:id:ryotadohi:20190119183356j:plain


準備スタート

ということで、これから小学生を対象とした国語塾の立ち上げに挑戦します。高学年に限っては国語と‘‘英語’’の2軸体制でやっていこうと思っていますが、メインは国語、国語の読解を集中強化する塾となります。

すでに準備は昨年から開始していたので、現在の段階で講師はしっかり揃っています。しかしながら、『これは!!』という全く新しい先生達との出会いもこの活動の醍醐味だと思っていますので、閉鎖的にならず、少し大きく求人広告を出し沢山の人と話をしてみたいと思っています。経過はまたこのブログで書いていきますね。

では!



●学習塾に興味をお持ちの方へ●

『今回開講する学習塾に興味がある』という方を対象に、開講のタイミングで学習塾の詳細をメール連絡させていただこうと思っています。『開講の連絡を受けたい』という方いましたら、以下のフォームより連絡先メールアドレスを記入後、送信ボタンから送信してください。

名前の記入などは特に必要ありません。登録された方に塾開講のタイミングでメールを一斉配信させていただきます。

配信先メールアドレス

お子さんの学年

1年 2年 3年 4年 5年 6年