情熱で飯は食える

俺達は繋がるべくして繋がった。そんな出会いのために書いてます。

お前の人生において最も重要なモノに、全てをぶっ込んでくれ。

俺もサッカーの傍ら、最近は様々な活動をするようになったけど。
なんだかんだ言って、『自分で生計を立てていくくらいなら、そんなにハードルの高い事じゃないんだなぁ』と、最近強く感じる。


普段の生活の中で手に入る情報、これらをしっかり分析し、
それを行う動機を明確にして情熱をぶち込めば、
特別な知識など無くても、十分に生計くらい立てられる。


もちろんとんでもない大金を稼ぎたいとしたら、
特別な知識や能力が多少必要かもしれないけど、
生計を立てる程度の収入なら、気合い一つでどうにでもなる。


まー俺はお金持ちじゃないので、その先は予想でしかないけど。
思ったことは、書いてもいいでしょう。


だから、起業に成功した程度の人(金しか持ってない人が)が、得意げになって「成功者の法則は~」などと言ってふん反り返っている姿は、いかがなものかと思うわけで、


そう言っている本人達も、自分が成功者だなんて、
本当は思ってないんじゃないかと思う。


多分‘‘経済的成功’’という結果でしか、他人の興味を引きつける術を持ってないから、
必死になって実績にすがり、自分の価値を説得しようとしているんじゃないのかな。


特に、自分のプロフィールに必死になって取得した資格を羅列する人間や、
自分の発信媒体に収入額を‘‘バン’’っと表示している人間に代表されるような、
自分の肩書きや所属母体を自己紹介に使う人間。


こりゃーもう残念過ぎるだろ。


本当に魅力のある人は、その見た目、オーラ的な物であったり、喋らせるだけ、
その生き様だけでも他者との圧倒的な違いをアピールすることができるモノなんだ。


そんな男が、カッコいい。


それに、

‘‘成功の自覚’’
がある人に、俺はあまり魅力を感じない。
成功を自覚している人間は、やはりゴールに到達してしまったという自覚を持つ人が多い。


もっと上があることを見ようとしない、進化にどん欲にならない。
彼らは戦いを止め、進化を止めてしまっているんだ。


戦いを止めれば、後は老いる一方じゃないか!


ちょっと聞きたいんだけど、
自分の不完全と戦っていない人間の話は、退屈だと思いませんかね?
俺は、魅力ってのは常に‘‘今まで’’よりも‘‘コレから’’にあると思う。


魅力ある人は、いつも進化を止めない。
いつも自分の不完全を発見し、戦い続けてるんだ。
俺は自分の不完全に詳しく、その不完全を叩き潰すために、日々戦っている奴が好きだ。


俺の思うに、


所詮一般的な経済的成功なんて、真の野望を達成するための土台、その環境造りにすぎない。
経済的に自由になれば、わりと沢山の時間ができるでしょ?


「人生で最も重要としているモノ」に時間を使える環境が整うわけ。
経済的自由とは、ある意味‘‘没頭の許可’’でもあるかもしれない。


その自由をどう活用するのか?結局これが一番重要だろう?


俺は思う。
経済的自由、時間的自由を含め、あらゆる意味での自由を手に入れた人の殆どが、
大した‘‘自由の使い方’’を知らない。


自由になったのはいいが、日々暇つぶしを繰り返し、変化の無い毎日。
自由を使いこなすことが出来ていないんだ。


自由を目指し、達成したつもりが、
ここへ来て、自由を目指す以前の問題に気づくことになる。


何でこんなコトが起こるのか?
この問いに、俺は自分なりの答えを一つ持っている。


それは、没頭できるモノを持っていないからだ。と思う。
情熱を注げる物を持たないから、自由になっても、その自由の使い道が無い。


結果、ただのニートが出来上がる。
最近は『自由になりたい!!』とか言って起業に走る人は多いけど、
動きの止まった金持ちを目指しても意味は無い。
そんなことより、少ないとしても、今ある自由を存分に使いこなせるようになる方が、遥かに大切じゃないか。


だから結局、好きなモノが大事、情熱が大事なんだ。
情熱を注げるモノがあれば、どんな状態でもお前の動きは止まらない!そうだろ?
こだわり、追求し、進化し続けることが出来る。


だから、
もし今のお前に、寝る間を惜しんで没頭できるような物があれば、超ラッキーだ。
全ての時間、お金を、それにぶっ込むだけでいい。


それだけで、俺たちの進化と幸福は約束される。


本気になれる、情熱の持てるモノさえあれば、絶対に大丈夫だ。
安心して、お前の人生において最も重要なモノに、全てをぶっ込んでくれ。