情熱で飯は食える

俺達は繋がるべくして繋がった。そんな出会いのために書いてます。

マジメな人ほど、縛り好き。

写真 (20)

やっぱり真面目な人ほど、自分を縛る余計なルールを沢山持つ傾向がある。
昨日、母校でのトレーニング後、
とある学生と話していて、そんなことを思った。


ニートはだめ。
非正規雇用は正社員に劣る。
実家暮らしは自立していない証拠。
遅寝遅起はだらしない。
ワガママ言わない。
大人は嫌いなことも、やらなくてはいけない。
他人の世話になってはいけない。


彼に限らず、こういったルールを内に秘めている人は、結構多いよね。
誰の価値観かは知らないが、根拠の無い‘‘縛り’’が日々スリスリと擦り込まれ、


身体の隅々まで浸透しとる。


そんな人に、一つだけ言っておきたい事がある。
縛り、ルールとは、進路の‘‘枝’’を切り落とす活動だぞ。


これはその大学生の彼にも言ったことだけど、
ルールを増やせば増やすほど、人生の選択肢は減り、
未来におけるあらゆる可能性を狭めることになる。


そういう人ほど、何かの壁にぶつかった時、
『〜がいけないのかもしれない!!』と、またルールを増やそうとする。


窮屈になればなるほど、すぐルール探しを始める。


そんなことより、今あるルールに目を向け、
『どれか外せるルールは無いのか!?』、と。
そういった視点を持った方がいいべ。


今まで大事にしていたルールを、疑ってみる。
そうすれば、意外と必要の無いルールが多かったことに気付くはずだ。
他人から授かったルールほど、実は根拠の無いモノが多かったりする。


ニートはだめ。何故か?
非正規雇用は正社員に劣る。何故か?
実家暮らしは自立していない証拠。何故か?
遅寝遅起はだらしない。何故か?
ワガママ言ってはいけない何故か?
大人は嫌いなことも、やらなくてはいけない。何故か?
他人の世話になってはいけない。何故か?


何故か?という問いに即答できないモノが、自分なりの根拠を持っていないルールだ!
どっかの誰かから擦り込まれた可能性が高いぞ!!


つまり、、、疑うべきモノだ。


これ以上縛りを増やすな、いらないルールを探し出し、追い出すんだ!
今ある不必要な‘‘縛り’’を一つでも多く外すことができれば、
選べる道が増える。人生の自由度、選択肢が増える。


つまり、未来の可能性が広がる。


さあさあ、少しづつでもいい。
すり込まれたモノを、はずしていけ!