情熱で飯は食える

俺達は繋がるべくして繋がった。そんな出会いのために書いてます。

能力差があっても、戦える。

 俺はなかなかサッカーがヘタだ。


まあ何を『上手』いの定義にするかにもよるけど、
俺自身が『コイツ上手いな〜』と思うようなヤツは、これまで死ぬほどに沢山いた。


で、今なんで俺が現役を続けられているのかって、
それは単に『いつまでたっても、20年間辞めなかったから』
これだけ。


別に昔より上手くなったわけじゃない。
ダメなところは殆ど変わってない(笑)


今でもヤバいミスをすると、
『フフ、相変わらずいいヘタさだ』と、一人で言いそうになる。


高校時代のチームメイトなんて、
今だに思い出しても『コイツらの上手さは一体どういうことだ!!』って思うし、


今でも同じフィールドでサッカーをしたら、
きっと『こいつらうめーな〜』って思うだろう。


でも、一つだけ 昔と大きく変わったことがあるとしたら、
‘‘能力差があっても、戦える’’ことを知ったこと。


どんなに相手が‘‘上手い選手’’でも、
こっちが優れているモノが一つでもあれば、『互角以上の戦い』は成立する。


それが世界レベルの選手でも、だ。
本当に、たった一個でいい。
一個でOKだ。


『メッシより、俺の方が背は高いぜ』
みたいにね。


一つでも良いからこちらが優れているモノを見つけ出し、
徹底してそこで戦っていく!!


それが出来れば、
場合によっちゃ相手は竹槍、こっちは戦闘機みたいな勝負を設定することだって出来るぜ!


これは何もサッカーに限った話じゃない、
全てのフィールドで適応することができる話じゃないかな。


この勝てる勝負を設定する力を、
いつしか『戦闘力』と呼ぶようになったが、


俺みたいに気合いだけで現役を続けて来た選手には
この戦闘力を鍛えまくるしか、生き残る道はない!!!!!!!


上手くなろうなんて、 オシャレなことは考えるな!
さぁさあさあ!というわけで明日の練習も気合いいれて行くばい。