情熱で飯は食える

俺達は繋がるべくして繋がった。そんな出会いのために書いてます。

試しに行かない理由はねーだろう。


先日公開している方のブログで書いた、『利き足交換』についての記事、
コレね→http://riodohi.doorblog.jp/archives/40543235.html

帰国してからは治療と平行し、万が一に備えこの『利き足交換』を、ゴリゴリと押し進めて来た。

『もう左足一本でミニゲームぐらいできるようになっただろうか?』と、そろそろ試したくなってくる時期でもある。という事で、帰国以来はず〜っと室内トレーニングやら病院通いの日々だったけど、
 
先週ついに
初の実践で試しに行ってきた。

 最近はもう左足をいじめ抜きすぎて、
一時は腱鞘炎でトレーニングが出来ない程にまで鍛え上げた左足。

『こ、、コイツは左利きか??』と言う程、キレキレの妄想と共に、『まずはガチではなく、エンジョイレベルからの出発だ!』と、近くのフットサル場に顔を出してきた。

治療開始当初、『12月からはゲームに参加し始める』という目標を立てていたが、
思った以上に『利き足交換』って難しい。初めはググ〜っっっ!!っと左足の技術が向上した感覚があった。

でも、

やはりスタート時と同じペースは維持しないもの(笑)最近は少し、今回の作戦において一つめのも感じていた。ふふやはりそう上手くは行かないものだ。

メンタリティについても書いておきたい。

今回、帰国以来初めての実践形式のトレーニングになった訳だが、別に『うほほほう!!さぁ行くぜい!!』なんてノリノリだったわけじゃない。

実は『もう少し個人練習を積んでからにしようか?』なーんて弱気な迷いがあった事も、確かな事実だ。

だがそんな迷いの全てをふき飛ばし、
『もう実践で試すべきだろ!!!』と、俺を戦場へ駆り立てたのが、とあるブログの記事だった。

ほほう。このブログ、一体誰が書いている?
今の俺にもっとも必要なメンタルをぶち込んでくれる、素晴らしきパワフルワードの数々。

誰かは知らんが、とんでもないヤツが書いている事は間違い無さそうだ。

せっかくだし、今回はその記事も紹介しておこう。
コレなんだが→http://riodohi.doorblog.jp/archives/35989437.html


ん?


ああ、よく見たら俺のブログか。






‥‥‥‥‥‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥‥‥‥



それはまあいい。

とにかく、久々にあの記事を読み返して、『おいおいおい、俺は今、左足がどれほど使える状況にあるかをまだ知らない。ならば』

もう試しに行かない理由はねーだろう。

そう背中を押してくれたわけだな。おい過去の俺よ、やはりお前のブログは素晴らしいぞ。結局、再び俺自身の力になってくれるわけか。

そうだったそうだった、
フフ

『恥への恐れ』は、取るべき行動を先送りにしてしまう。気付いたのは、ずいぶん前の事じゃないか。


『今』見たい結果、『今』試したいモノがありながら、『今』行動しないのは全て現実逃避だと思え!

過去の俺が、再び今の俺に教えている。ふっふやはりお前か。今回も、無駄な時間を省いてくれるのは。

鍛える→戦場へ出る→敗北する→鍛える→

そうだった、やる事はいつも簡単じゃないか。いちいち間を置く必要は無い。何かを待つ必要も無い。立ち止まっている暇はない。 

京都からも帰ってきたことだし、
もう一度、シメ直して行こう!