情熱で飯は食える

俺達は繋がるべくして繋がった。そんな出会いのために書いてます。

類は友を呼ぶ、そして類は人を育てる。


人を正しく評価できる能力が自分に備わっていなければ、
自分が所属すべきコミュニティを間違っちまう。

『類はともを呼ぶ』
という言葉がある、
コレは『結局似たようなやつが集まる』と言っているわけだけど、

この『同類』ってのは
『集まってきた同類の人間』と、
『類の影響を受けて同類になった人間』
この2種類の人間がいるよね、どのコミュニティを見てもそう感じる。

うん、何が言いたいのかと言うと、
この後者の‘‘類の影響を受けて同類になった人間’’。
  
彼等は元々その‘‘類’’と同類だった訳じゃないってこと。
所属しているコミュニティーの影響を受けた後、結果的に同類となった人間だ。

これは『類により育てられた』とも
言えるんじゃないか?
 
これは、前回の記事でも書いたコトだけど、
俺は現段階で不可能なことってのは、誰にでも沢山あると思ってる。

その不可能を可能に変換するためには、
やっぱり今ある自分の‘‘土台’’をガツンと底上げするような作業が、
必要になってくるよな。

じゃあ、その作業を最も効率よく行うには、どうすべきか?
そりゃあやっぱり、質の高いコミュニティで自分を訓練することでしょうが!


コミュニティという船は、上にも下にも人を大きく動かす力を持っていると俺は思っていて、
もちろん乗り間違えれば滝壺行き、しかしその選択さえ間違えなければ、、、、、

自分を訓練してくれる、
ベリーグッドな環境になる。

だから、その選択を間違えないためにも、
自分の所属するコミュニティーはしっかりと、真剣に、ガチで撰びたい。

でも、そのコミュニティで何をするかは、
やっぱり俺次第、か(笑)